FC2ブログ

記事一覧

相続手続きは、お気軽にご相談ください。

ホームページにお越し頂いてありがとうございます。相続が発生し、何から手続をしたら、分からないという相談でもお気軽にご相談ください。不動産の相続手続は勿論ですし、預金や証券の相続手続も対応させていただきます。全ての手続をご依頼することも可能ですし、一部の手続だけをご依頼いただくことも可能です。初回相談は無料ですし、柔軟に対応させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。司法書士法人SEALS奈良市学園朝日町6...

続きを読む

相続・遺言を含めての相談は無料です(要予約)

HPご覧頂いてありがとうございます。相談は無料(要予約)ですので、お気軽にお電話くださいませ。よろしくお願い致します。司法書士法人SEALS 奈良オフィス代表社員 司法書士 上北 洋介℡0742-81-8445...

続きを読む

民法改正 遺言編(1)

平成30年の民法改正により、遺言関係の改正が行われております。大きな点を確認していこうと思います。これまでは、自筆証書遺言(自分で作成する遺言)を作成する際、遺言者が遺言の全文、日付及び氏名を自署(自ら書くこと)して、印を押さなければなりませんでした。改正により、自筆証書に相続財産の全部又は一部の目録(財産目録)を添付するときは、自署しなくても良いということになります。但し、財産目録を添付する場合に...

続きを読む

最終の相続人が一名の場合の相続による名義変更

司法書士法人SEALSの司法書士、上北でございます。お読みいただきましてありがとうございます。最終の相続人が一名の場合、結論を申しますと、原則は法定相続で相続登記をしていくことになります。よくある例としましては、父Aと母B、子供Cがいるケースで、不動産の名義は父A単有の場合、父Aが平成20年に死亡、母Bが平成28年に死亡した場合、父Aが亡くなり、母Bが存命の時に子Cと母Bが遺産分割協議をしていない限り...

続きを読む

遺留分と遺言

 遺留分とは、相続人の権利を保護するために、民法に定められた権利であり、相続人が相続できる最低限の割合です。 遺言で自由に財産は処分できますが、残された家族の生活を脅かす可能性も否定できません。たとえば、「財産の全部を第三者に遺贈する」という内容の遺言が残っていた場合などは、相続人にも最低限の権利が必要という考えに基づくものです。 遺言を作成する場合に、相続人の一人に対して、全てを相続させるという...

続きを読む